謡曲には素晴らしい情景描写があります。自然と人間の姿がおもしろく情緒豊かに描かれています。

私は75歳。謡17年、水墨10年の未熟者ですが、かねてより この謡の世界を水墨画にしたいと考えてきました。

そして5年前より春秋画壇に出展させて頂くこととなり、「謡曲を美しい絵にしたい」という私の夢がようやく叶えられました。

もとより基礎技能を持たない笑止千万、無手勝流の作品ですが、いざ出来てみると今度は広く人に見てもらいたいと思うのが人情です。

願わくば、多くの諸先輩のお目に触れ、ご批評を賜りたいものと乞い願う次第であります。

2013年 9月1日 松谷昌孝(雁林)